オーガニック シャンプー 日本製

日本製のオーガニックシャンプーランキング※国産のおすすめはコレ

このサイトは、日本製のオーガニックシャンプーについて詳しく書いています。

 

日本製のオーガニックシャンプーってどれがいいの?

 

オーガニックシャンプーにはどんな効果があるの?

 

という方に見ていただけると嬉しいです。


日本製オーガニックシャンプーに期待できる効果

自然派でナチュラルなイメージのあるオーガニックシャンプーを使用することで、どのような効果が期待できるかあげていきます。

 

頭皮ダメージを少なくできる

普通のシャンプーでは、洗浄力の強い成分が使われていることもあり、頭皮トラブルを起こすことがあります。

 

ですがオーガニックシャンプーは、基本的に天然素材が原材料のため、肌に優しく頭皮トラブルが少ないです。

 

マイルドな洗浄力で、頭皮にある程度の皮脂を残し、頭皮環境を改善してくれる効果が期待できます。

 

髪にツヤがでる

オーガニックシャンプーは、保湿・保水効果の高い自然由来の成分が配合されていることが多いです。

 

そのため、髪や頭皮を乾燥から防いでくれます。

 

髪の水分不足はパサつきやうねりの原因となるため、それらを抑えてくれることが期待できます。

 

環境に優しい

合成された化学物質が流れ出ると、それが蓄積することでさまざまな環境への影響が懸念されます。

 

オーガニックシャンプーは、ほとんどが天然由来の成分で作られているため、環境問題にも優しいのです。

 

 

ここまで、日本製オーガニックシャンプーに期待できる効果を見てきました。
では次から、おすすめの日本製オーガニックシャンプーをランキングで紹介しましょう。


日本製オーガニックシャンプーランキング

おすすめの日本製オーガニックシャンプー1位 uruotte(うるおって)の特徴

・敏感な頭皮のかたに選ばれている、やさしく洗って、積極的にケアするオーガニックシャンプー。

・徹底した低刺激レシピでつくられたアミノ酸シャンプーで、ノンシリコン、無添加、99%植物由来でできている。

・オーガニックホホバオイル配合のため、ノンシリコンでもきしまずリンスが不要。

・薬用頭皮ケアエッセンスで、頭皮にうるおいを与え、かゆみやフケを防止する。

・「爽」と「優」の天然精油が配合されたエッセンスもついている。

価格 30mlは324円、260mlは2592円、500mlは4104円
評価 評価5
備考 はじめて体験セットで、税込み2646円、送料無料(シャンプー10日分、エッセンス2週間分、パウチ4〜6回分)
おすすめの日本製オーガニックシャンプー1位 uruotte(うるおって)の総評

開発者は、子供のころから肌が弱く30年間悩んできたかたで、低刺激のレシピを徹底しています。

シャンプーの洗浄成分はヤシ油由来の天然アミノ酸で、優しく洗い流すことができ、ホホバオイルが配合されていることでリンス不要となっています。

さらに、頭皮のための薬用成分もの配合されたエッセンスにより、頭皮トラブルに対して攻めの姿勢をとることが可能です。

これまで頭皮トラブルを経験したり、フケやかゆみ、パサつきなどのひどいかたにおすすめです。

 

おすすめの日本製オーガニックシャンプー2位 haru 黒髪スカルププロの特徴

・100%天然由来の、化学成分が一切使われていないシャンプー。

・美しい黒髪に欠かせないミネラルを豊富に配合させ、見た目年齢‐5歳を叶えるつややかな黒髪に導く。

・年齢を重ねて、乱れている頭皮環境に働きかけるキャピキシルが高濃度に配合され頭皮サイクルを整える。

・22種類のエイジングケア成分が配合。

・リンスやコンディショナーが不要。

価格 税抜き3600円
評価 評価4.5
備考 初回30日間全額保証付で、送料無料、さらにシャンプーブラシ付き。定期コースなら永久的に20%OFFになります。
おすすめの日本製オーガニックシャンプー2位 haru 黒髪スカルププロの総評

100%無添加・それ故に詰め替え用の販売はしない・広告費をカットして価格に反映するというharuのこだわりがあります。

天然ヤシ油由来の洗浄成分でクレンジングをし、ハイビスカスやオリーブオイルなどの天然のエイジングケア成分で頭皮環境も整えてくれます。

年齢と共にツヤがなくなり白髪も増えていきますが、黒髪に必要なミネラルが配合されているので日本人ならではの美しい黒髪をあきらめずにすむかもしれません。

 

おすすめの日本製オーガニックシャンプー3位 ハーブガーデンの特徴

・東大博士号を取得した化粧品のプロと共同開発しており、頭皮と髪に優しい天然成分でつくられている。

・天然由来成分100%のノンシリコンのアミノ酸シャンプー。

・石油系界面活性剤、合成香料や着色料、防腐剤は一切不使用。

・シャンプーの質を決める精製水に南阿蘇産のオーガニックハーブウォーターを使用することで、ミネラルたっぷりの商品にしている。

価格 税抜き8000円
評価 評価4
備考 2ヶ月ごとお届けコースで、2ヶ月分4000円、初回特典で送料無料、15日間安心返金保証
おすすめの日本製オーガニックシャンプー3位 ハーブガーデンの総評

髪と頭皮の悩みに携わってきた化粧品のプロが、香料や防腐剤までも天然成分からつくりだすなど商品開発に全力を尽くしていることが伝わります。

ベースになるシャンプーの精製水に注目して、ハーブウォーターを使用することで健康な髪や頭皮に必要なミネラルを補うという点は大きな特徴です。

敏感肌のかただけでなく、カラー剤などでパサつきがひどい、ツヤがないなどでお悩みのかたにもおすすめです。

 

おすすめの日本製オーガニックシャンプー4位 マイナチュレ・シャンプーの特徴

・毛髪診断士&美容師が開発したシャンプー

・中身の酸化を防ぐため、ボトルの形状にもこだわっている

・厳選したアミノ酸系の成分だけを使用

・シリコン、パラベンなど気になる添加物は全て不使用

・モンドセレクション4年連続受賞

価格 6360円
評価 評価3.5
備考 先着限定スターターセットなら5408円、送料無料、14日間の全額返金保証付き
おすすめの日本製オーガニックシャンプー4位 マイナチュレ・シャンプーの総評

マイナチュレ・シャンプーはボトルのリニューアルにより、使い始めから終わりまで開けたての状態を保てます。

その結果、今まで配合が難しかったオーガニック成分をふんだんに配合することに成功。

そのオーガニック成分が髪と頭皮のダメージを優しくケアしてくれるのです。

その他にも、28種類者植物成分が頭皮バランスを整えてくれるので、いろいろな頭皮トラブルに力を発揮します。

シリーズ累計85万本t突破が人気の証ですね。

 

おすすめの日本製オーガニックシャンプー5位 守り髪の特徴

・傷んでしまった髪のダメージを集中補修できる

・髪の元気をキープする予防ケアが可能

・アルガンオイルが地肌と髪の健康をサポート

・アンティーク・ローズの香りが癒やし効果に

・リピート率81%

価格 2800円
評価 評価3
備考 定期コースなら1400円、送料無料、30日以内の返金保証あり
おすすめの日本製オーガニックシャンプー5位 守り髪の総評

守り髪は、インド南部のオーガニック農場で栽培されたソープナッツのエキスを配合しています。

このソープナッツは泡立ちがいいので、ノンシリコンなのに抜群の泡立ちです。

配合成分のナノリベアーがキレ毛やパサつきを抑え、キューティクルも整えて、うるおいを与えてくれます。

また、シアバターが紫外線ダメージをカットし、健康的でしなやかな髪をキープしてくれます。

多くの現役美容師も絶賛している、実力派シャンプーです。

オーガニックシャンプーのメリットとデメリット

オーガニックシャンプーにももちろん、メリットとデメリットがあります。
それぞれ見ていきましょう。

 

オーガニックシャンプーのメリット

オーガニックシャンプーのメリットは、やはり安心して使えることですね。

 

自然の成分を配合していますから、敏感肌の人や肌トラブルがある人でも問題なく使えます。

 

市販の安価なシャンプーは、コストを抑えるために科学物質が使われているものが多いです。

 

刺激が強くて使えない方もいるでしょうし、アレルギーが気になる方は使わないほうがいいと思います。

 

市販のシャンプーで違和感を感じた方は、自然の成分で髪と頭皮に負担が少ないオーガニックシャンプーがおすすめです。

 

オーガニックシャンプーのデメリット

一方、オーガニックシャンプーのデメリットは使用感が通常のシャンプーより劣ることです。

 

安心して使えることを優先し、自然の成分を配合しているため、使用感が良くないのは仕方ないことかもしれません。

 

たとえば泡立ちが良くない、匂いが独特、髪の手触りが微妙、という印象を受ける方もいます。

 

しかし、最近は商品開発が進んでいて、これらのデメリットも改善されてきています。

 

ランキングのオーガニックシャンプーにはば泡立ち、匂い、髪の手触りを改善したものもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。


日本製オーガニックシャンプーで注目の成分

いろいろな日本製オーガニックシャンプーがある中でも、注目の成分はこの3つです。

 

ヤシ油脂肪酸

石油系合成界面活性剤に比べると洗浄力はおちますが、その分余分な油脂を落とすことなく洗い上げることが可能です。

 

肌や身体への刺激が低く、毒性の心配も少ない成分です。

 

ヤシ油脂肪酸で構成された界面活性剤は、泡立ちがよく洗い心地のよい洗浄成分です。

 

ヘマチン

ヘマチンは、飼育牛や豚など動物の新鮮な血液が原料です。

 

ヘマチンは、活性酸素を除去する力が強いため傷んだ髪を補修するだけではなく、抜け毛や白髪などの悩みにも効果的です。

 

バオバブ油脂油

バオバブは樹齢3000年念にもなる長寿の樹木です。

 

そのため、栄養をたくさん含んでおり、保水する力が強く、乾燥から頭皮や髪を守ってくれる効果が期待できます。


日本製オーガニックシャンプーでの洗い方

日本製オーガニックシャンプーで、より効果的に洗うためのポイントをご紹介します。

 

洗髪前にブラッシングする

髪が濡れてしまう洗髪前に、クシを通しておきましょう。

 

クシを通すことで、髪に着いたホコリや汚れを落とし、汚れをある程度落とすことができます。

 

荒めのクシから、細かい目のクシの順に使うようにすると、より汚れが落ちやすくなります。

 

予洗いはぬるま湯で十分に行う

シャンプー前に、髪と頭皮を濡らしてある程度の汚れを落とすようにすると、シャンプーの際に汚れがより落ちやすくなります。

 

ただ、この時にあまり熱いお湯で洗ってしまうと頭皮に負担をかけることになります。

 

少し温かいと感じる38℃くらいの温度であれば、頭皮の負担も少なく、汚れも落ちやすいです。

 

シャンプー後はしっかり洗い流す

基本的なことになりますが、洗い残しは頭皮トラブルの元です。

 

オーガニック系のシャンプーは、比較的お湯で落ちやすいのですが、それでも洗った時間の倍以上の時間をかけてすすぐようにすると安心です。


日本製オーガニックシャンプーの選び方

日本製オーガニックシャンプーは、どれを選んだらよいかわからない!

 

という方のために選び方のポイントをまとめました。

 

頭皮に負担の少ない洗浄成分

主な洗浄成分はどのようなものか確認するようにしましょう。

 

オーガニックのものは、基本的に自然素材のものが使われています。

 

優しい洗い心地のものが多いですが、オーガニックの明確な基準がないため、どのような成分が使われているのか注目するのが大切です。

 

髪がきしまないか

オーガニックシャンプーは、基本的にはノンシリコンのものがほとんどなので、髪の毛の表面の滑りは悪くなってきしみやすくなります。

 

低刺激な成分で洗浄するため適度に皮脂が残るので、石油系の強い洗浄成分のものでなければ、シリコンはそれほど必要なくなります。

 

ですが、髪が生え変わるまできしむのを我慢するのもつらい場合は、キューティクルを補修してくれる成分が配合されているものを選ぶようにすると安心です。

 

無添加のもの

頭皮への負担をなるべく避けられるように、余計な成分が配合されていないなるべく安心なものを選ぶようにするとよいでしょう。

 

石油系界面活性剤やシリコンが無添加かどうかの確認はしておきましょう。


1位のuruotte(うるおって)がおすすめの理由

ランキングで紹介した3つの商品の中でも、uruotteを1番おすすめする理由は3つあります。

 

洗浄成分が優しい

汚れを強い成分で洗い流してしまうと、皮脂をすっかり洗い流してしまい頭皮トラブルが悪化する原因になります。

 

uruotteの洗浄成分はヤシ油由来の天然アミノ酸で、石油系の界面活性剤が使われていないため、刺激の少ない処方となっています。

 

そのため、頭皮トラブルがあるかたでも、赤ちゃんにも安心して使うことができるものです。

 

頭皮トラブルのケアもできる

uruotteは、優しく洗い流すだけではなく、実際にある頭皮トラブルをケアできます。

 

薬用の頭皮ケアエッセンスが配合されているため、頭皮にうるおいを与え、痒みやフケの防止が可能です。

 

髪がきしまない

uruotteのシャンプーには、有機栽培されたオーストラリア産のオーガニックホホバオイルが配合されています。

 

これが、髪や頭皮にうるおいを与えるため、リンス不要でも皮脂バランスを整えて髪のきしみをふせぎます。

 

このような魅力があるuruotte。

はじめて体験セットは2646円でとてもお得な内容になっていますよ。